チラシとイベントとの効果について

チラシが美しくできたからといって、目的通りの結果を得るとは限りません。例えばセール用のチラシをキレイにまとまりよく作っても、セールが成功しなければ、チラシの効果があったとは言えないのです。チラシの役割というのは、メッセージです。セールの内容がまず魅力的であることが大切です。そうでなければセールに人は来ません。

良い内容があって、初めてメディアとしてのチラシ効果を発揮するといえるのです。セールに対するチラシの役割というのは、集客といえます。そのチラシを見て、どれだけ多くの人が店に来てくれるかというのは、内容とデザインの両方が噛み合っていることが望ましいといえます。セールの内容が魅力的なら客は来てくれます。しかし、セールというのは、他の店だってやります。他の店に勝つためには、セールとプラスアルファが必要です。他の店に無いもの、目玉となるもの、そしてイベントというものがあるかどうか。イベントといってもタレントやゆるきゃらを呼ぶというような大規模なものにする必要は無いのです。時間限定のワゴンセールなどはよくやられているものです。もちろん、費用の面に心配がなければ有名なタレントを呼ぶのもいいかもしれません。ただ客がそれだけを目当てに来るということもあります。

それよりもセールの活性化を考えたイベントにするのが基本といえます。親子連れ優先の限定販売や、合計100歳以上で5%割引とか、セールを楽しむアイディアが必要となります。ただ、これはクライアントが考えることでもあります。けれど、こうしたヒントを提案するということが優れたデザイナーの仕事でもあるようです。

【マーケティング&リサーチ】客寄せチラシ制作 のトップへ