チラシの色の誘引性について考える

日本のチラシの中でもっとも使われているといってよいのが、金赤と呼ばれる鮮明な赤です。この色は、色彩でいう赤というものではなく、朱色に近いものです。M100%、Y100%という混色比です。つまり黄色が入っているので、オレンジに近いといえるのです。この色はヨーロッパではバーミリオンと呼ばれています。赤系でもっともエネルギーに富んでいるといわれています。これは人の目を捉える色でもあります。

日本ではこの朱色を古来より好んできました。明るく、朗らかであり、情熱的な性質という朱色。この朱色は配色の中心に位置しているといっていいと思います。ただし、使いすぎには注意が必要です。全体に軽薄な雰囲気にしてしまうこともあります。いかにこの金赤を効果的に使うかということを、考え抜くことが大切です。そしてできるだけ使う場所を狭くすべきだといいます。色というのは人の目を引きつける力が強いものと弱いものがあります。こういった性質を色の誘引性といいます。文字の誘引性を高めることで、人の目を捉えることがきます。

キャッチコピーには、誘引性の高い色を用いることが多いといえます。誘引性の高い色には、暖色系です。特に赤というのは、色相の中でも最も誘引性が高いといえます。赤というのはイメージチャートでいうと、もっともエネルギーが強い色です。その強さで人の目を引きつけます。黄色やオレンジも誘引性が高いといえます。けれど、黄が強いといっても、下地の色が明るい色だと効果を失ってしまいます。緑と赤は補色同士です。この2色の配色というのはハレーションが強くなってしまし、それだけで目立ちます。補色同士は誘引性があるといえるようです。

【マーケティング&リサーチ】客寄せチラシ制作 のトップへ